車の各部分の状態を確認する

中古車購入の際に着目すべきポイント

中古車を購入する際に、お気に入りの車種が見つかったからといって、すぐに飛びついてはいけません。価格に合った価値があるかどうかチェックする必要があります。まず、車検証を見て年式や型式及びカスタマイズの状況を確認しましょう。車検の残存期間も重要です。購入後も長期間車検を受けなくて済む中古車は、当分修理や部品の交換の必要がないということを示しているからです。さらに、整備点検記録簿も読み込み、定期的な整備点検を受けているか調べましょう。

きちんと整備点検を受けてきた車は、不具合が起きる前に修補されているため、大きな瑕疵が存在しにくいと言えます。書面をチェックしたら、運転席の走行距離メーターを見て、新車納車時から何キロ乗ったか確認します。走行距離が少ないほど、価値が高いのです。

チェックすべき車体の部分

中古車の車体の各部をチェックすることも大切です。中古車市場に出された車は、一応修復して外観が綺麗に整えられていますが、よく見れば細かい傷跡や凹みのほか、塗料の剥離や錆もあるかもしれません。しかし、小さな傷や凹みが数ヶ所あっても走行に影響ないので、気にする必要はないでしょう。ただし、ボディに大きな凹みの痕跡が見つかれば、その内側の駆動装置などに影響が及ぶこともあるため、注意しなければなりません。

タイヤは、素人でもチェックしやすいポイントです。摩耗の具合が溝の深さで判別できるため、整備の行き届いた中古車なら、4本とも十分な深さの溝を備えているはずです。それから、ボンネットを開けて、オイルや冷却水の漏れがないか確認しましょう。また、車内の匂いは問題ないか、シートに汚れがないかといった点も点検しましょう。